>

免許を取得中の注意点

免許を取得には期限があります

教習所に通う場合は、始めに受ける先行学科の日から9か月以内に教習のすべてを終える必要があります。

第一段階の教習を終了すると仮免許を取得のための修了検定を受けます。
この技能検定を合格までの有効期間は3か月です。
3か月以内に合格できなかった場合は、技能検定をやり直すことになってしまいます。

仮免許を取得すると運転経験が三年以上の運転免許保持者を乗せていれば、公道を運転できるようになる資格です。
仮免許は6か月間有効ですが、3か月以内に第二段階の技能教習を修了し、卒業検定に合格しなくてはなりません。

第二段階である技能教習を修了し、再試験可能な卒業検定を受けることができます。
合格した場合、卒業証明書がもらえます。

この卒業証明書により、運転免許センターの技能試験が免除されます。
卒業証明書の有効期間は1年間で、この期間内に運転免許センターの学科試験に合格しないと、技能試験免除を受けられなくなります。

最短で免許を取得する

運転免許を取得する方法は教習所に通う方法と合宿に参加する方法が主になりますが、それ以外にも方法があります。

それは、免許センターで試験を受けることです。
このセンターでは運転に必要なすべてのテストが受けられるようになっておりその種類は4つとなっています。
なので、この取得方法では、はじめから運転知識や運転技術が無いと合格することは難しいです。

この取得方法は、忙しくて運転免許の更新ができずにそのまま運転免許を失ってしまったなどの、一度免許を取得したことがある人に有効な方法です。
教習所や合宿を利用するとどうしても時間とお金が多くかかってしまいます。
この方法ならば、受験料や免許証交付料、車の使用料だけで済みます。


この記事をシェアする