>

運転免許について

第一種運転免許と第二種運転免許

運転免許は国家資格の一つで、数ある国家資格の中でも取得しやすい国家資格でもあります。
一般的に取得する運転免許の正式名称は「普通自動車第一種運転免許」と言います。

運転免許には18歳から取得することができる「第一種運転免許」があります。
「第一種運転免許」とは通勤や買い物に出かけるときに車を運転する場合に取得する一般的な免許です。
「第一種運転免許」の他にも「第二種運転免許」という免許もあります。

タクシーやバスなど、お客を乗せて運転を行う場合に必要となる免許が「第二種運転免許」です。
「第一種運転免許」が18歳から取得できるのに対して、「第二種運転免許」は21歳以上になってからになります。
また、「第一種運転免許」の取得から3年以上の時間が経っている必要があります。

運転免許を取得するメリット

基本的に、取得する運転免許は普通運転免許になります。

同じ普通自動車免許でも、オートマチック車の運転免許に限定した場合には、他のものに比べて免許取得が簡単です。
また、スクーターのような原付自動車の場合は、どの自動車免許を取得したとしても、運転可能になります。

自動車の運転免許は資格として履歴書に記入する以外にも利点があります。
車の運転ができれば、電車やバスのように運行時間に合わせて行動しなくてもすむようになります。
自由に行動できるようになればその分だけ、就職先の選択肢の自由度は高くなります。
身分証明書の提示が必要になるときには、保険証のような写真がないものは、他の書類も必要となってしまいます。
運転免許証の場合は運転免許証の提示だけで済みます。


この記事をシェアする